自分への往復書簡

ワクワクの元がどんだけワクワクがひろがるか?なんだいいかも?のいいかもーに自分自身でのったらこうなりましたのねんのブログ

⭐️かなしい⭐️に浸る

そこの場所には
あわない姿であるトコロに行って
正確には
あう風だけど違う格好
じぶんの気持ちの曖昧さが出てた


見た目を判断される。

はっきり言われたら、ソッコー反応できる

でも相手は言わない。

けど相手は言いたい、から
真綿にくるんで言う
その方ががっつり傷になる。
言えばいいのにアホっ

感情の生殺し

それを感じてどんどん腹が立つ
相手にではない

そこに身をおいた自分だ

どんどん時間が経つ程
気持ちが下がる

気持ちが下がると
下がる要素がどんどん来る

でも

ちゃーんと
救済はある。
ちゃーんと神様は
一筋の光をくれる
一瞬その光を頼りにがんばってみようとおもってけれど

思った以上に傷がついた
お腹の中身がぐるぐる傷か渦巻く。
くっそーくっそー

ふざけんなぼけっ
吐き気がする

でもな、そんな自分がかわいい
私は

そんな程度の女ではないっ
と自分にむかつく

動いてわかった事
この道のこのルートは嫌だ
わがままに行こうっ

キレキレに行こう
こうして私は私のプロになる。

気持ちのいい対価を得
気持ちよく払うために

そういう環境に身をおかないと決める
それ大事。